スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
entry_bottom
雨にも負けず みんなお疲れ様でした

 あの強風の中・・・

なんと、15人のお母さんが出席

しかも、新規会員5人・・・

増えています。

そう、みんな・・ゆんたくしたかったのね。


取り急ぎ、次回の日程です。


10月21日(火)
10時より


場所は
小禄南保育園に
変更になる予定です。

この会の運営が

療育センター

小禄南保育園

バックアップで

成り立つ予定です。



「障がい種とはない会」
目指して、専門部会制にし、

「発達障がい」の親は

その1つの部として

活動することになりました。


詳しい内容は次回UP

がぁなきっず(^o^)活動日誌 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
17日の勉強会について


雨にもマケズ
風にもマケズ

明日、暴風雨警報でなければ

勉強会、開催します。

療育センターのスタッフも通常勤務で常駐してます。

問い合わせに関しては

問い合わせ  090−7391−4143 (アラカキ)まで

がぁなきっず(^o^)活動日誌 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
親の勉強会、現在の状況

 080901_2335~01.jpg


親の勉強会・・・

かなり順調です。
水面下でいろんな人がアクションを起こしていて、
支援者が現れています。


センター外からの参加ですが、
私たち親と共に考えたいという方が
場所の提供まで申しでがあったそうです。


託児の件もファミサポの他に、
キリスト短期大学の学生さんが
数人いらっしゃり、
託児のボランティア
に入ることになりました。


みんなの気持ちが
形になってきています。
嬉しいですね。


080904_0241~01.jpg


また、沖縄でも現在、
試用運行中のサポートブックがあり、
この件に関して、
県立学校教育課の
特別支援教育班
への問い合わせ中。


あくまで現在の状態ですが
実際の情報は、こちらの課にはほとんど
吸い上げられていませんでした。
県教育委員会のHPからは
「特別支援班」の事をさがすことが出来ませんでした。
(もし、ご存知の方はご一報ください)

実際は、
琉球大学の学生さんが
関わっているお話らしいので
そちらを通して、
現在の運用状況
(これを使用しているモデル校を含む)と
療育センターとの連携を調整中です。
個人的購入した「にじいろ手帳 3版」
比較検討
していきます。


詳しくは17日の勉強会で
お話しますね。


会の人数も軒並み参加傾向が高まり、
持ち方も考えています。

とりあえず、
「えじそんくらぶ」の高山恵子先生の講演会の時に
買いそびれた


080901_2338~01.jpg


ちょこっとチャットであそぶか?

080901_2339~01.jpg

なんて、自問自答しながら、

今週は激務の私でございました。

関係「親の会」のみなさん、

資料送付が遅れたりとご迷惑かけてますが、
ごゆるりとお待ちを



ってなわけで・・・




おい、キタロー!!
追記じゃぁ

080903_1110~01.jpg

今日の設定遊びは

「敬老の日」のプレゼント
080903_1111~01.jpg

感謝の気持ちを


ペタペタペタペタ



がぁなきっず(^o^)活動日誌 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
「サポートブック」ってご存知ですか?


突然ですが



あなたは

「サポートブック」
ってご存知ですか?



「拡大母子手帳」もしくは
障がい児版「母子手帳」

ってとこです。


就学前の成長や発達や療育の記録を
就学につなげるもので、
この             
「にじいろ手帳」
熊本県の自閉症サポートセンター「いっぽ」
が著作権を持っていますが、


久留米市幼児教育研究所では、
保護者の承諾の元、
保護者と療育スタッフの共同作業で作成され、
保護者が保管し保護者から学校へ

「にじいろ手帳」


を見せて、情報を共有します
すてき

これは、この子を生涯にわたって支援する観点から、
一人一人のニーズに対応して

「個別の教育支援計画」

を立てるときに大いに役立ちます。

また、
「個別の指導計画」
は、人一人の教育的ニーズに応じて
指導目標や内容を単元や学期ごとに
作成するものですが、

やはり、個別の教育支援計画があれば、
よりよい作成に繋がると思います。

(これらも保護者と本来作成するんですよ!
沖縄はその存在すら知らない人が多いのね

まぁ、この違いを詳しく書きますね。



個人的には行政とのやりとりに必要だし、
(人の記憶はあいまいですよね)
自らの子育ての振り返りや励みになるので
これは是非ないといけないと考えています。

ってか、必要でしょ?

ねぇ


この「にじいろノート」

現在第三版になるのだそうです。



各県、様々なサポートブックがあり、
保護者向けの作成講習会などがありますが・・・

聞いて驚くなぁ〜


沖縄は、ありません。

そう、連携制度が全く整備されておりません。
決してなかったことを責めているわけではないのです。

そうした研修や制度が沖縄は一切なかったのです。
ですから、この2年〜3年の間で
「特別支援に対する認識」
が随分変わってきました。

頑張ってうまくやってるママたちもいますが、
行政や教育機関の主導のもとに・・・



あったらいいさぁ〜ね

みんな平等に
行き届いた制度が・・

ということで、那覇市が先駆けて
これ実現させましょう!
(それを必死で後押ししてくれてるセンター職員のみなさんに感謝です。)

まずはママたちが
これ知っとこ!
ってなことで・・・


ぽちっとしておくれ!
スペース96書籍詳細で
購入できます。


検索に「にじいろノート」か、
「サポートブック」って入れて見てください。

他の書籍も参考になりますね。
1000円とお安いので購入お勧めしますよ。





サイトのレビュもよんじゃおう!

次は「個別の指導計画」とはなんじゃらほい!
ってことで書いてみます。

がぁなきっず(^o^)活動日誌 | comments(1) | trackbacks(0)
entry_bottom
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
がぁなきっず結成の経緯について
ニュース すき?
那覇市の障がい児を抱える親の会「がぁなきっず」
http://ga-na-kids.seesaa.net/
ほんだな
今日のごはんどうする?
search